薬剤師派遣として働くメリットとは?

薬剤師派遣 → 薬剤師派遣としての働き方

薬剤師派遣としての働き方

薬剤師の働き方というと「正社員としてフルタイム」というスタイルをイメージする方も多いかと思います。しかし近年、薬剤師の活躍の場が広がると共に、働き方も多様化してきており、薬剤師派遣という勤務スタイルも一般的になってきました。

この薬剤師バイトという働き方は、正社員勤務と比較すると将来性や安定性で一歩引くところがありますが、メリットも多々存在します。その中でも特に注目されるのが、「時間の融通がきく」というものです。正社員の場合は、雇用に関して様々な補助や保障が得られますが、休日や拘束時間が厳密に定められており、自分で自由に出来る時間が少なくなる傾向が強いです。
管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由

しかし、それに対して派遣は勤務期間や就業時間がしっかりと定められており、残業や休日出勤が科せられる事はまずありません。また、正社員と比較すると有給などをとりやすく、ライフスタイルに合わせて仕事を行う事が可能です。さらに、産休や育児休暇が取りやすく、契約期間が切れれば他の職場へ移る事も容易です。

こういった働き方は、女性の割合の高い薬剤師という職業に適していると言えるでしょう。派遣として働く場合の薬剤師の給与ですが、基本的に時給計算となります。時給の相場は大体2000円前後と言われていますが、薬剤師不足が深刻な地方のドラッグストアなどは高額の時給を提示している事も少なくなく、中には時給4000円以上という案件も見受けられます。

薬剤師の派遣の場合は、需要に対して供給がある都市部よりも、人員不足気味の地方の方が給与的な条件は良い傾向にあります。期間を区切って大きく稼ぎたいという方であれば、地方のドラッグストアや薬局の派遣案件をチェックしてみるのも一つの手ですね。

また、派遣の薬剤師として働く際に気を付けたいのが、派遣コンサルタントの能力や質に関してです。派遣コンサルタントの中には、派遣スタッフとなる薬剤師の要望よりも、自分の成績や思惑を優先してしまう方もいます。

こういったコンサルタントにあたった場合、非常に多忙な職場や人間関係に問題があるような勤務場所に派遣される事も考えられます。 派遣会社を選ぶ際には、口コミや薬剤師派遣のランキングサイトなどをチェックし、評判が良い所を選択するよう心がけましょう。