薬剤師に任される重要な役割とは?

薬剤師派遣 → 調剤以外の薬剤師の仕事

調剤以外の薬剤師の仕事

薬剤師の仕事というと、調剤業務をイメージする方も多いと思いますが、実際には調剤以外にも様々な業務を担うこととなります。今回は、薬剤師の調剤以外の業務についてご紹介していきたいと思います。

服薬指導

服薬指導は、薬剤師が調剤した薬剤を患者さんが正しく服用できるように、薬剤の効能効果・使用法・使用上の注意を説明する仕事です。服薬指導の際には、薬の受け渡しのミスを防止するために、患者さんの氏名を口頭確認し、必要事項を説明するという流れとなります。

また、患者さん側からの質問や問い合わせに的確に回答することも、服薬指導の一環です。薬剤師は処方された医薬品が正しく安全に使用できるよう、患者さんへ必要な情報を提供する義務を担ってもいます。

さらに、近年医薬分業が進みつつあることもあり、病院薬剤師の活躍の場が調剤室から病棟へ移りつつあります。 そのため、入院患者や在宅医療の現場における服薬指導業務が増えてきています。

医薬品管理

必要に応じて迅速に調剤が行えるよう、医薬院の購入・在庫管理を行うのも薬剤師の重要な役割の一つです。薬剤には使用期限があるため、大量の在庫を抱えてしまうと無駄が出てしまい、薬局や病院の経営を圧迫する要因となってしまいます。

また、古くなった医薬品は品質低下が懸念されるため、過剰在庫を抱えないということが大変重要となります。一方で、在庫を絞りすぎてしまうと、必要な時に必要な分だけの薬剤を提供することが出来ないという事態を招かないとも限りません。

在庫の過不足がないよう管理を徹底するということは、薬剤師の経験と知識が問われる難しい仕事の一つだと言えるでしょう。

薬事衛生

薬剤師の中には、医薬部外品や化粧品の製造・試験・販売などに携わっている方もいます。また、毒物・劇薬の管理や、水質・大気汚染、廃棄物処理といった環境衛生管理、食品衛生管理、薬物の鑑定・取り締まりなど、薬事衛生に関わる業務を専門に行う薬剤師の方も少なくありません。