薬剤師は今が転職のチャンスかもしれません!

薬剤師派遣 → 薬剤師の転職が急増している原因と本音

薬剤師の転職が急増している原因と本音

薬剤師の転職は<空前の売り手市場>であると言われてます。では実際に現場の薬剤師は自分の仕事に対して、どのように考えているのでしょうか。 ここでは、薬剤師の転職が急増している原因と本音についてご紹介しましょう。薬剤師専門の調査会社が実施した調査データをご紹介します。

――今の薬剤師は仕事に何を求めているでしょう。 このデータは薬剤師が仕事をする上で重視をすることをまとめたものです。 1位は「給与水準」2位は「仕事内容」3位は「通勤時間」でした。 つづいて「休日」「労働時間」「人間関係」になります。

一般的に考えて「給与水準」は薬剤師の労働条件や仕事内容によって違います。 さらに薬剤師としての「スキル」による査定も給与に反映してきます。 「自分の薬剤師スキルに見合っただけの金額の給与が欲しい」と考えるのは普通です。

薬剤師掲示板では「仕事・職場の悩み」では次のような書き込みがありました。 仕事内容に対する不安を感じている薬剤師は多いようです。

その人は当初は管理薬剤師で2年勤務していたのですが異動で転勤になったそうです。 しかし、その部署では管理薬剤師にはなれなかったそうです。 それから系列の薬局で異動を6年半で4回もしているのです――ずっと左遷されているわけです。

このような悩みを見ると職場によっていろいろな<しがらみ>が存在しているのでしょう。 こういった現状から脱却するために転職を考える薬剤師も多いようです。

調査では約70パーセントにのぼる薬剤師が<転職経験あり>と回答しています。 <働く上で重要視していること>のデータと考えてみると、働きがいを求めてより良い条件で新しい職場環境に挑戦する人たちが多いです。

転職理由は「結婚」「出産」「転居」をキッカケにして転職する女性薬剤師も多いです。 転職回数は約50パーセントの薬剤師が1回から2回と回答しています。 また3回以上の転職経験がある薬剤師は全体の3割以上でした。

転職の時期は平均勤続年数で3年目がナンバーワンでした。 その後10年目・5年目と続くのですが総じて短い周期で転職される人が多いです。 以上、薬剤師の転職が急増している原因と本音についてご紹介しました。 自分自身の仕事に対するやりがいを追求すると<転職>という選択肢に行き着くのでしょう。