スキルアップを目指してる助産師さんは必見です!

薬剤師派遣 → 助産師のスキルアップに必要な事

助産師のスキルアップに必要な事

 助産師がスキルを高め、キャリアアップするにはどうしたらよいでしょうか。  昨今少子化に伴い、産婦人科医の不足による産科の医療機関が縮小傾向にあります。そのため、各地域での高品質な産科医療の提供が難しくなっています。

 加えて、妊産婦のニーズは多様化しています。院内助産所等を設け、助産師が自立して対応できるよう働きかけが進んでいるほどです。  従来のキャリアアップとは、限定された立場の方に当てはまることでした。

しかし現在では、妊産婦の多様化したニーズにこたえられるほどの実戦能力が、助産師のキャリアとなっています。  そのため、助産外来や院内助産所で多くの経験を積み、助産の専門性を高めていかなくてはなりません。  セミナーに参加するのも必要です。

 さてそのような助産所は全国的に少なく、キャリアアップの環境にない助産師も数多くいます。そのような場合は、転職をするしかありません。    ではスキルを高めるためには具体的にどうすればよいでしょうか。  これは認定看護師の資格を取得することです。

 認定看護師は、助産学の知識だけでなく、性と生殖に関する医学について学びます。  そのため、助産診断時の応急処置に対応でき、なおかつ胎児の成長や状態に関する診察能力が向上するのです。

 しかしこの資格を取得するためには、勤務先の理解となによりスキルアップをするためのフォロー体制は整っているかが問題になります。忙しい病院であれば、スキルアップに時間を割くよりも、現場でもっと働いてほしいと願うかもしれません。

 ですから、自身も気持ちよくスキルアップができるように、職場の考え方をあらかじめ知っておくことが重要です。  もし職場の理解を得られない場合は、残念ながら転職を考えた方が両者にとってよい結果になるでしょう。

 助産師の求人は、医療関係を専門に扱う求人サイトの利用をお勧めします。  なにより認定看護師になるためには、実習や講義など諸々を含め420時間の課程を修了し、なおかつ120時間ほどの、施設見学や事例検討等を学ばなければならず、その膨大な時間を費やさなければなりません。

 おそらく仕事を今までのように続けながらは心身共に無理が生じるでしょう。  ですからスキルアップには職場の理解を得ることが重要なのです。